hogehoge, world.

米国カリフォルニアのソフトウェアエンジニアがIT・自転車・音楽・天体写真・語学などについて書く予定。

スマートアウトレットAPI (VeSync) を叩く

今時こういうスマートアウトレットが$10/eaくらいで買えるのである。WiFiでクラウドに接続し、アプリケーションやAPIからON/OFFしたり統計情報を取得したりできる。もともとクリスマスライトを夜だけONにしたくて、機械式タイマーと値段あまり変わらないので…

Particle Mesh: Early Adopterはつらいよ (5) ~ 外部アンテナを付けてみる

前回まで、いかにXenon~クラウド間通信が通らないか、OTAが通らないか、という話をしてきた。もしかしたら改善するかも、とMesh用の外部アンテナを付けてみることにした。

Particle Mesh: Early Adopterはつらいよ (4) ~ ちゃんと動くMeshアプリの作り方

前回の体験レポでは「一度上がったテンションだだ下がり」という感想を書いたが、いろいろ試行錯誤して、ちゃんと動くMeshアプリケーションを書くためのポイントを幾つか見出すことができた。今回はそのあたりを説明したいと思う。まぁ本来はこのようなトリ…

Particle Mesh: Early Adopterはつらいよ (3) ~ 体験レポート

前回消費電流の話を先にしてしまったので、今回こそは体験レポを書いて「Early Adopterはつらいよ」にオチを付けることにする。

Particle Mesh: Early Adopterはつらいよ (2) ~ Xenon/Argonの消費電流

前回に続いては実際にParticle Meshを触ってみた体験レポを書こうと思っていたのだが、そんなものよりも需要あるかな?と思い、Particle Meshの消費電流を測ってみたのでそっちを先に書いてみる。ちなみにParticle本家のコミュニティにもポストしてみたとこ…

Particle Mesh: Early Adopterはつらいよ (1) ~ イントロ

Particle Meshが先月到着し一ヶ月ほど触ってみたのでレポしてみる。Mesh+WiFiを備えたArgonを3台と、Meshのみ対応のXenonを2台、数ヶ月前にプレオーダーしていたものである。 こいつが何者かはHirotakaster先輩の記事に詳しいのでそちらを参照してもらうとし…

Neural Compute Stick 2でリアルタイムオブジェクト検出 (4) ~ Raspberry Piで使う

IT ML

NCS2購入当時はSDKがIntel x64にしか対応していなかったため、前回まではIntel PC上でのテストの話をしてきた。しかし最近Raspberry Pi対応のSDKがリリースされたので追加で試してみることにした。 NCS2をRPiに挿すとこんな感じになる。USBポートに直接挿す…

Neural Compute Stick 2でリアルタイムオブジェクト検出 (3) ~ ドローンのFPVカメラ接続

IT ML

前回MobileNet SSDという高速オブジェクト検出モデルの使い方がわかったので、これにドローンのFPVカメラ画像を食わせてみよう。結論を先に言うと、こんな↓感じでリアルタイムオブジェクト検出が実現できた。 youtu.be この動画は機材の関係でNCS2を使わずCP…

Neural Compute Stick 2でリアルタイムオブジェクト検出 (2) ~ インストールとサンプル実行

IT ML

前回の続きでNCS2の話。今回インストールからサンプル実行のあたりまでレポ。サンプルは顔検出、YOLOv3、MobileNet SSDなど試してみたがどれも非常におもしろい!最終的にドローンで使うには特に高速なMobileNet SSDを採用。

Neural Compute Stick 2でリアルタイムオブジェクト検出 (1) ~ イントロ

IT ML

USBに挿すニューラルネットワークアクセラレータの新製品 Intel® Neural Compute Stick 2 (NCS2)が先月リリースされた。勉強と人柱を兼ねて購入してみたのでレポートを書いてみる。

日本語のら行の音はなぜLではなくRに当てられるのか

「日本語のら行の音はなぜ英語では似ても似つかない r に当てられるのか、L の方がまだ近いんじゃないか」という疑問を持ったことのある人は少なくないと思うのだが、自分的に一番説得力のある答はこれ: 日本語の「ら行」子音は R か L か? 自分が学んだこ…

量子コンピューティングについて

シニアエンジニアは将来の技術に目を向けておかねばならん、というわけで量子コンピューティングについて少々真面目に勉強してみた。「量子コンピューターが実用化されると素因数分解が高速でできてしまい、RSA暗号が無力化される」といった噂は本当なのか?…

アメリカ英語の発音ノウハウ (6) ~ 元ネタ本のダウンロード販売

以前書いた記事 アメリカ英語の発音ノウハウ の元ネタ本である The Sound & Style of American English (by David Alan Stern)ですが、著者のサイトでダウンロード販売しているよと親切な方にコメントいただきました。 learnaccent.com 現時点で$29.95、自分…

IDAS LPS-D2だと…?

来月からアメリカに戻ることになったので、日本にいるうちにIDASの LPS-D1 (天体写真用の光害カットフィルター)を買っておかなきゃと思ったら、なんと LPS-D2 という白色LED対応の新製品が出ているではないか!うーむ、どうしよう。 実写で露出時間や色合い…

Google Homeでドローンを飛ばしてみた

Google Home Miniをゲットした。別にスマートスピーカーが欲しかったわけではないのだけれど、ビックカメラの半額祭りで3000円になっていたので、この値段ならまぁ触ってみるかとぽちったものである。 世のガジェット仲間たちは早速いろいろハックしているよ…

POWERUP DARTが届いた

KickstarterでbackしていたPOWERUP DARTが届いた。スマフォで操作できる紙飛行機、という謳い文句である。 POWERUP DART - App Controlled Paper Airplane. With Tricks. by Shai Goitein — Kickstarter www.kickstarter.com 曲がりなりにも試験飛行までして…

Heroku上でPython & OpenCVを動かす

IT

Heroku上でOpenCVを動かすというのをやってみた。HerokuのDocker機能を使う必要があるらしいのだが、これがどうも最近アップデートされていて、最新版でやってみた系の記事が少ない。 Container Registry GA - Deploy Docker images to Heroku | Heroku Dev …

アメリカ英語の発音ノウハウ (5) ~ 舌の筋肉の使い方・Quick American Glide編

前回に続き、同じく舌の使い方というテーマで Quick American Glide の話をします。これは前回の "r" に比べたら全然簡単なはずなので楽に臨んでください。 Quick American Glideとは、二重母音[ai][ɔi][ei][au][ou]を出す際の舌の動きです。これらの二重母…

アメリカ英語の発音ノウハウ (4) ~ 舌の筋肉の使い方・"r"編

前回は顎の周りをがしがし動かすという筋トレ話でしたが、今回は舌の奥の筋トレです。 舌のホームポジションを下げ、顔の後ろ側の筋肉を主に使うという時点で、必然的に舌の奥の筋肉が動くようになるのを既に感じている(舌の奥に疲労を覚える)方もいるかと思…

アメリカ英語の発音ノウハウ (3) ~ 顔の筋肉の使い方

前回の舌のホームポジションに続き、今回は顔の筋肉の使い方の話をします。ポイントは、唇の周りの筋肉を緩め、頬の後ろ側・顎の付け根のあたりの筋肉を使うことです。*1 最初にちょっと実験をしてみましょう。アナウンサーになる訓練のつもりで、「口をはっ…

アメリカ英語の発音ノウハウ (2) ~ 舌のホームポジション

イントロに続いては3つのノウハウのうち最重要項目、舌のホームポジションの話をします。 言葉をしゃべっているとき、無意識に舌はある所定の位置を基準に動き、しゃべるのを休んでいる間はその所定の位置に戻っていきます。タイプライターにおける手のホー…

アメリカ英語の発音ノウハウ (1.5) ~ 元ネタ発見?!

ノウハウ解説本体に入る前に割り込み。 前回「資料の出所はもうわからない」と言いましたが、知人(OpenNI本でお世話になった秀和システムの編集さん)が見つけてくださいました。さすがプロ! 1987年発行のこの本のようです: The Sound & Style of American E…

アメリカ英語の発音ノウハウ (1) ~ イントロ

アメリカ英語の発音についてシリーズ記事を書いてみようと思います。 おそらく10年以上前だったと思いますが、アメリカに住んで英語の勉強をしているとき、確か "THE SOUND AND STYLE OF AMERICAN EINGLISH: INTONATION & SYLLABLE STRESS" というタイトルの…

HoloLensがやってきた

Microsoft HoloLensをゲットしました!ヽ(´ー`)ノワーイ 以前Kinect, Oculus Rift DK2, Google Glass, ...といったモーションセンサー・VR関連技術をフォローしていたのですが、最近HoloLens界隈が妙な盛り上がりを見せている様子だったので、久しぶりに祭に乗…

省電力Amedesの電池が切れた

下記の記事に書いたように、6月中旬に降水確率予報システム "Amedes" の省電力化を行なって電池のもちを観察していたのだが、ついに電池が切れた。85.8日と見積もったところ、4ヶ月少々もったことになる。まあこんなものだろう。電池を一本減らして3本にして…

LED積層信号灯のアプリケーション

今回は前回紹介したパトライト社のLED積層信号灯(12V改造済み)のアプリケーションを説明しよう。 WiFi経由HTTPでON/OFFを制御するESP8266版と、PCとUSBで接続しシリアル通信を使うArduino Nano版とを作ってみた。下記はESP8266版の方の実物写真である。 さら…

パトライト社LED積層信号灯(LES-x02A)の24V→12V改造

パトライト社のLED積層信号灯を買った。QBハウスで待ち時間を表示してるアレの小型版である。 パトライト LED薄型小型積層信号灯シグナル・タワー(ポール取付け)赤黄緑青 LES-402A-RYGB 出版社/メーカー: パトライト メディア: Tools & Hardware この商品を…

ESP-WROOM-02(Arduino)によるWiFiネットワーキング (14) ~ Fritzing用パーツ公開

ご要望を戴いたので、ESP-WROOM-02 秋月電子DIP化キットのFritzingパーツを公開しました。ここからfzpzをダウンロードしてFritzingで開くなりドラッグ&ドロップするなりすれば使えるはずです。Enjoy! forum.fritzing.org こんなんです。

Raspberry PiでWebCamサーバ

Raspberry Piのアプリケーションを考えるのはなかなか難しい。最終的にビジネス化して数ばらまくのならコストメリットも出るだろうが、個人で一品ものとして使う場合、据え置きPCでもノートPCでもタブレットでもスマフォでもArduinoでもできないことって何だ…

PimoroniやModMyPiからの買い物がお得!

PimoroniやModMyPiといったイギリスのサイトでRaspberry Pi関連やAdafruitのパーツを買うとかなりお得である。というのは: イギリスのEU離脱騒動でポンド安である。以前は£1=約150円だったのが只今約130円である。 日本への送料が安い。Raspberry Pi Zero…