読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hogehoge, world.

米国カリフォルニアから日本に一時帰国中のソフトウェアエンジニアがIT・自転車・音楽・天体写真・語学などについて書く予定。

パトライト社LED積層信号灯(LES-x02A)の24V→12V改造

Arduino IT

パトライト社のLED積層信号灯を買った。QBハウスで待ち時間を表示してるアレの小型版である。 

ところがこれ、電源電圧が24Vで少々扱いにくい。制御用マイコン(ArduinoやESP8266)で使う5Vや3.3Vを24Vから減圧して作ろうとすると、電圧差が大きくて少々大げさなことになってしまうのである*1。そもそも中身はLED数個なのでこんなに電圧いらないはずだし、モデルによっては12Vのものもあるみたいだし、ちょっと改造すれば12Vで駆動できるのでは?と考えるのが人情である。というわけで調べてみよう。テッテッテー♪テッテッテテー♪

こんな梱包でやって来た。普通のご家庭ではあまり見る機会のないものだろう(笑)。思ってたよりかなり小さい印象。 

f:id:tomoto335:20160811004220j:plain

配線としては、共通線1本と各色1本ずつ駆動線が出ていて、この間に電圧をかけて点灯させる。電圧の向きはどちらでもよくて、つまりアノード・コモン、カソード・コモンのどちらの配線でも動作する。普通の電球と同様に使えるようにしたと思われるが、なかなか便利である。

試しに24Vと12Vをそれぞれつないで光らせてみると、12Vでは24Vのときの半分くらいの明るさで光ってくれた。普通に抵抗で電流制御してるのだとしたら、抵抗値を下げてやれば12Vで24Vと同じ明るさで光るようにできるのでは?と考えられる。

では次、ばらしてみる。この製品はもともと色の順序が入れ替えられるようモジュール構造になっているので、そこからばらす。

f:id:tomoto335:20160811120629j:plain

各モジュールに基板の裏が露出している。回路を見るには基盤を外して表側にアクセスする必要があるが、そのためにははんだを溶かして除去しないといけないっぽい。うーむ、そこまでやるのはめんどくさい。

f:id:tomoto335:20160811120909j:plain

ところが、よく見ると、おや…?

f:id:tomoto335:20160811124949j:plain

塗りつぶされた「12V」の文字とジャンパーが!

もしや、このジャンパーをつなげばたちまち12V駆動になったりするのでは?

※ここから下は完全に自己責任なので、壊す覚悟なしに真似したり、メーカーに問い合わせたりしないように。

というわけで、電源に12Vをつないで暗い状態で光らせ、このジャンパーの片方を恐る恐る接触させてみると…おっ、半面だけ明るくなった!ということは、もう一方のジャンパーを接触させると、もう半面が明るくなるわけだ。なんだイケるじゃん、というわけで両方ジャンパーとも全モジュールはんだ付けしてしまった。

めでたく12Vでの駆動に成功。

f:id:tomoto335:20160811125552j:plain

チャットシステムに "defcon 1" とか書き込まれるとredisにイベントをポストするbotと、それを拾ってこの信号灯を光らせるredisクライアントを書いてみた。なかなか愉快である。

*1:発熱が大きくなったり、部品が大きくなったり、高価になったりする。